張本美和(卓球)全国模試で1位!勉強法がすごい理由

ニュース
スポンサーリンク

2021世界ユース卓球選手権でU15張本美和選手が4冠達成!おめでとうございます。

全種目(団体、シングル、ダブルス、混合)での金メダル。すごいですよね!!

さて、そんな張本美和さんは13歳、中学一年生(2020年12月現在)

卓球の練習に時間を割いているので、勉強はそんなにしていないんだろうな〜と、思っちゃいますが、

なんと「全国模試で1位」をとる実力の持ち主でもあります。

学校に卓球の練習だけでも、大変そうなのに、加えて勉強まで!?
全国模試で1位をとるのは、どのような勉強法なのか?
そんなに勉強する理由は?についてみていきましょう。

スポンサーリンク

全国模試で1位!学力もすごかった!

小学生の時も「全国模試で1位」でしたが、中学でも引き続き「全校模試で1位」をとっているみたいですね。

学校の宿題や塾に通うことを美和さんは「頭を使うことが卓球に活きてくる。次に相手が何をするか予想したり、頭を使ってコースを意識できる」と話した。
引用:https://www.fnn.jp/articles/-/2043

 

「勉強することは卓球にも活きてくる」という考えで勉強していて、全て卓球に通じている!強くなるんだ!との意思を感じます。

それが、大会での4冠達成にも繋がっていくんですね。

 

張本美和選手の勉強法がすごい理由

そこまで勉強を重視しているのは、ご両親の教えでもあります。

「1に健康、2に勉強、3に卓球」という教育方針だそうで、卓球だけでなく勉強も大事にして欲しいとの親心を感じます。

お父さんもお母さんも有名な元卓球選手で中国代表をしていました。

お兄さんは東京五輪でも活躍された「張本智和」選手です。

張本智和選手も東大へ行くくらい成績優秀ですので、本当に努力の賜物ですね。

コツコツと積み上げ、目標にまっすぐ向かっていく姿は、清々しくもあり大人も見習うところばかりです!

張本美和選手の1日のスケジュール

午前7時   起床
  8時   学校
午後3時半  帰宅・勉強
  5時   英会話
  6時   夕食
  6時半  練習
10時半ごろ 就寝
(引用:2018年6月 フジテレビ「とくダネ!」)

小学生の頃は友達と「遊びたいと思ったことはない」くらい、卓球と勉強に打ち込む日々。

勉強が終わっても、みっちり4時間、卓球の練習時間。
勉強だけでもヘトヘトになりそうですが、卓球の時間は欠かせないものなんでしょうね。

中学生になった今も全国模試で1位をとるくらいですから、しっかりと勉強時間を確保しているはず。

トップアスリートは時間の使い方が全然違う!!

 

中学はどこ?

張本美和選手の通っている中学校は神奈川県川崎市にある「川中島中学校」です。

これほど学力が高いので、私立かと思いきや、公立の学校でした。

制服姿もかわいい!

 

この投稿をInstagramで見る

 

張本美和(@harimoto.miwa)がシェアした投稿

部活動が活発な学校だそうで、個人や団体でも結果を残しているとか。
活発な子が多そうな学校ですね。

昼間は公立の学校に通い、卓球は「木下グループ」に所属しています。水谷隼選手やお兄さんの張本智和選手と同じスポーツクラブです。

 

まとめ

卓球だけでなく、勉強でも全国模試で1位になるほどの実力を備えた張本美和選手。

どうしてそんなに勉強を頑張るのか、また、一日のスケジュールからしっかりと勉強の時間をとる勉強スタイルをご紹介しました。

中学・高校と、経験を積んで、どんどん素敵な選手になりそうですね。
応援しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました